10/5/27・・・

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2220日目」・・

今日も座り込み継続されています。「辺野古」の文字がまたまた浮上しているがために、現場は緊張を強いられています。もちろんもの凄く不安定な扱われ方をして来ているので、本当に辺野古に造るのか否かという国の姿勢も当然不安定です。鳩山さんとアメリカと、自民党政権を懐かしむメディアと、自分とは関係のないという無責任な国民たちの間では「やっぱり辺野古じゃなきゃ」と話題には上っているのでしょうが、もの凄くリアリティにかけます。何度も騙され翻弄されて来ただけに、現地では戸惑いが広がっているのではないでしょうか。

沖縄出身の一部議員をのぞいて、今ほぼ全ての沖縄の首長たちが県内反対を唱えている状態です。仲井眞さんまでも、です。亀井さんは福島さんに対して「絶対に実現不可能な案を言っているだけなんだから、今離脱なんかしてはダメだ」と言ってはいます。しかし彼の本心がどこにあるのかよく分かりませんし、福島さんにしても気持ちは分かりますが、では「辺野古」の文字が三党の合意文章に明記されなければ取りあえずは良いのか、ということになりませんか。実際社民党の内部では「結果として沖縄の負担軽減になれば良い」という声も上がっています。米軍が欲しいのはヘリの離発着場ではなくて軍港の条件として相応しい大浦湾の深さです。浅瀬ではない大浦湾の条件は60年以上前に米軍が目をつけていた時から変わっていません。それに現在の軍事的側面から見ても、キャンプハンセンとキャンブシュワブ、辺野古弾薬庫、辺野古新基地、北部訓練場の一部、そして嘉手納があれば米軍は事足りるはずです。つまり辺野古に新基地を造って今あげた基地以外の基地全てを取り払えば面積自体は減ります。社民党はこれを負担軽減というのでしょうか。米軍にとっては願ったりかなったりのコンパクトさで高機能な基地が手に入るということです。もしかするとそれに合わせて日本より自己負担の大きい韓国の基地を撤退させるかも知れません。どさくさに紛れて下地島を丸ごと空軍が借り上げて嘉手納も返しますというようなことも言い出したら、日本は増々負担軽減大歓迎と言い出すかも知れません。トータルで負担軽減になれば良いという考え方は、より米軍機能を強化する手助けをするだけなのです。それなのに日米関係を重要視せよと唱えるメディアや評論家たちなのです。仕分けしたいなら彼らこそ仕分けすべきです。

鳩山さんにはがっかりだが自民党も嫌だ、社民党はうるさいからいらないが票数が困る、というような雰囲気になり始めています。メディアは社民党がつっかえているから事が前に進まない的なことを平気で言います。ここで手ぐすね引いているのが公明党です。民主党と公明党、自民を離脱した人たちなどが手を組めば、またどうしようもない連立政権の誕生です。あり得ないシナリオが動いているように見えて仕方がないこの頃です。日本人はどうしちゃったんでしょうか?

やはり県内?

  • 投稿日:
  • by

琉球新報の記事を全文リンクします。やっぱりダメなんですかね。

「琉球新報・10/5/4」
県内移設への協力求める 普天間で鳩山首相、知事に伝達
 来県した鳩山由紀夫首相は4日午前11時すぎから、米軍普天間飛行場の返還・移設問題をめぐり、県庁で仲井真弘多知事と会談した。鳩山首相は「海外という話もなかったわけではないが、日米の同盟関係、近隣諸国との関係を考えた時、抑止力という観点から難しい。現実には不可能だ。すべてを県外でということは現実問題として難しいということに直面している。できれば、沖縄の皆さま方にご負担をお願いしなければならないという思いで来た」と述べ、県内移設への協力を求めた。国外移設は不可能と明言し、県外への全面移設は困難との認識を伝えた。移設問題の迷走を念頭に、首相は「沖縄の人々にお詫びしたい」と陳謝した。 仲井真知事は普天間飛行場の県外移設実現を求める県民世論が高まっていることを説明し、「県民の声を真しに受け止め、危険性除去に取り組んでほしい」と述べ、県外移設を模索すべきだと伝えた。知事は「過重な基地負担の軽減は県民の願いだ」と、訓練水域の返還などを求めた。首相は午前9時すぎに自衛隊機で那覇空港に到着した。糸満市の国立沖縄戦没者墓苑を参拝した後、県庁に到着。仲井真弘多知事と会談し、県外への全面移設を事実上断念したことを伝えた。

10/4/9・16:00

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2182日目」・・

今日も座り込み継続中です。金曜なのでシュワブ前での抗議行動も行なわれています。また東京では、今日まで首相官邸前行動が行なわれています。また本日18:30から神保町の岩波ビルのセミナールーム 琉球朝日放送(QAB)のディレクター・ニュースキャスターの三上智恵さんの講演会があります。 官邸前の様子や、セミナーのプログラム等の詳細については辺野古浜通信をご覧ください。

10/3/31・・・

  • 投稿日:
  • by

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2173日目」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/31夜までの情報です。今日も座り込みは継続中です。党首討論の中心的話題となった普天間基地の問題ですが、ここまで国民の信頼を無くして二進も三進も行かなくなっているのは自民公明の責任です。民主党も良いとはいないですが、自民党があたかも勝ち誇ったような論を展開するのはどうしても許せません。仲井眞さんも県外移設という空気を読んで意見を変えているのは、支持母体の自民党への不信感でしょう。

鳩山さんの腹案というのも非常に気にはなりますが、もし県内だとしたならばどうしようもないですし、かねてから危険視されている下地島などが案として出されれば当然反発が出ます。下地島は軍事的にみれは「すぐ使える」というメリットを持っていますし、それが何よりの懸念材料なのです。大体こういう話をしているということは「移設」に賛成しているようで嫌なのです。「撤去」という当初の目的に戻すのが本当のところのはずですが、全くそんな案は出て来ません。もし鳩山さんがそれをすれば世界的な評価は高まると思うのですが。

国営放送の論説で、日米同盟を堅持すること、普天間基地の機能を無くさないこと、軍事的抑止力はあって当然だということ、そんなことが平然と話されているのを聞いてあきれ果てました。日米同盟の根幹を成す問題が普天間移設問題と宣っていましたが、たかだか一つの海兵隊基地を閉鎖する手続き論がそんな役割を果たしているのでしょうか。馬鹿も休み休み言えという感じです。もしそんなものが同盟関係の中心的なことならば、そんな同盟一日も早く解消すべきです。国営放送の論説の質の低さが際立つ、そんな国に成り下がってしまったからこそ、普天間基地一つ閉鎖出来ないのです。「普天間の部隊は本国に引き揚げていただきたい。そして普天間の跡地の浄化作業の支払いも当然要求する」と、何で言えないのでしょうか。抑止力の代わりに思いやり予算で国民の大切な大切なお金をドブに捨てるように使っておきながら、実は米軍がいることで危険が増し、被害が増えているという実態をどうして見ないのでしょうか。

「琉球新報・3/31」
仲井真知事、シュワブ陸上案と勝連沖案に反対を表明

普天間、地元了解が移設の前提 党首討論で首相

勝連沖案反対を伝える 社民、国民新が平野長官に

10/3/19・・・

  • 投稿日:
  • by

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2161日目」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/19夜までの情報です。今日も座り込みは継続中です。沖縄出身の3議員を招いて「ちゃーすが普天間」と題した集会が持たれます。詳細は辺野古浜通信をご覧ください。是非下地さんに疑問をぶつけたいものですね。

鳩山さん、岡田さん、北沢さん、みんなで「県外は難しい」と声の調子を合わせています。難しいと言いつつ他の案を進めているということもありえますので、その場合は「難しいことをよくやった」という支持率獲得作戦とでも言うのでしょうか。ただ民主党のこのところの失速ぶりはもの凄いものがあるので心配ではあるのです。ホワイトビーチ沖なんて考えもしませんでしたし、取りあえず県外あるいは国外と決まった後、今度は「沖縄県民の皆様の意見を尊重した」ということを掲げて恩を売った気になり、「高江は我慢してくれ」「泡瀬は続けさせてくれ」「下地島の軍事利用は許可してくれ」ぐらいのことは言って来るかもしれないですね。まああくまで普天間に関する県民の声が聞かれたならばの話です、聞かれたら聞かれたで次に何を言い出すかわからないのが恐いところです。小沢さんはまだ居座っているのですから・・・。

さて今月末に沖縄の管制権「嘉手納ラプコン」が日本側に戻ってきます。日本側の調整不備で2年間ほど延期されていたものです。しかしこれは米軍基地がある限り絶対的優先権は米軍機が持っているので、大幅な変更は出来ないでしょう。最悪米軍機の運用に反した航空機などが出た場合必ず抗議が来ますし、もっと最悪な場合、脅しにしろF22やF35によるロックオンが為されるというような事態も考えられます。日米安全保障条約の効力というのはそういうことです。米軍を優先しない場合、日本側が不利益を被るのです。その実例が見たければ沖縄に行けばいつでも見られます。

「琉球新報・3/19」
名護ひき逃げ 県警、米海軍3等兵曹を2回目の聴取

岡田外相、日米密約関連文書の廃棄を調査へ 元局長証言受け

嘉手納ラプコン31日移管 那覇空港が管制業務

「東京新聞・3/19」
移設先「県外は難しい」と首相 住民の気持ち大事とも

沖縄の管制権、月末返還 嘉手納ラプコンで日米合意

10/3/12・・・

  • 投稿日:
  • by

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2154日目」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/12夜までの情報です。今日も座り込みは継続中です。毎週金曜は朝シュワブ前での座り込みも継続しています。様子は辺野古浜通信をご覧ください。

辺野古では昨日ソナーとビデオカメラの設置が行なわれたようです。普天間の文字が全国紙にこれでもかと出ている時に、辺野古ではまるで埋め立て案が正当であるかのような行為がずっとずっと続いているのです。金が出ているからやっているということになるのでしょうが、その金はどこの誰の金であるかということをもう一度考えていただきたい。子ども手当だ増税だダムだ何だ問題になっている今この時も、辺野古の海に何億という大金が捨てられているのです。実際は不況の時代に税金投入に群がった会社が儲けているのですが、ジュゴンを追い払う仕事請負人たちの行為は問題とされないのでしょうね。

それから公明党が気持ちの悪い仕方で民主党にすり寄って来ていますが、逆に社民党が何となく離れつつある気がします。それも良く分かる気がしますが、FジSケイグループなどのメディアを中心に、何気ない情報番組などでも社民党が表現されるとき「ギャーギャー言ってる」とされます。福島さんたちをイメージしてのことであるならば明らかな差別ですし、「小さな党に振り回されている民主党」というイメージでの報道には非常に腹が立ちます。それがどのニュース番組を見てもこうなのです。さすがにNHKは社民党を「ギャーギャー」とは表現しませんが、一部を除いて、多くのメディアが社民党のイメージを落とすように謀略していると言われても反論出来ないのではないでしょうか。

現行案や陸上案はあまりに想定外の案なので、どうも何かの隠れ蓑的な役割りを担う案だということも言われ出しています。本当にもう沖縄をこれ以上振り回さないで欲しいと思います。十数年間も何で座り込みが続けられているのか、ゼロオプションなのになんで今日も海を見張っていなければならないのか。その人たちを無視して「地元」という言葉を使っているのならば、政府は根本的に間違っていると思います。

さて鳩山さん、まさかかつての名護市長のように、陸上案あるいは現行案で決定としてから、総理辞任などという馬鹿げたことを考えてはいないでしょうね。だいたい一国の総理が進退をかけるような問題ではないはずです。たかだか米軍基地の閉鎖の問題です。わがまま放題のアメリカに「普天間基地を持って帰ってください」とひとこと言えば済む話です。抑止力だ何だ言っている軍事評論家や、軍事オタクの石破さんでさえも、たぶん普天間なんか無くてもどうとでもなるぐらいな事は分かっているはずです。それが言えないのが政治ならば、一般市民は一体誰を信用したら良いのでしょうか。

「琉球新報・3/12」
中部病院侵入車両は米海兵隊所属 防衛局に連絡、県にも

訓練分散移転を示唆 普天間危険性除去で北沢防衛相

「東京新聞・3/12」
普天間移設『仮に』!? 国交相答弁で参院委紛糾

10/3/7・・・

  • 投稿日:
  • by

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2149日目」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/7夜までの情報です。今日も座り込みは継続中です。沖縄の天候はあまり良くなかったようです。作業船の動きについては未確認です。

さて、鳩山さんが普天間問題の5月解決が達せられなかった場合は辞任も退任もありうるという構えを公表しました。その覚悟は良いですが、ある意味ある程度の道筋は整っていると見るのが正解なのでしょうか。鳩山さんの発言だけは今一つ分かりません。結構口を滑らすので、あとで取り返しのつかない混乱を招くこともあります。いずれにしても第一弾は今月末頃提案がなされるのではないでしょうか。そうしないとまず5月に間に合いません。

自民党議員を中心に辺野古の回りの土地を買っていたことが問題になっています。基地バブルで土地が値上がりすることを見越していたのでしょう。もしくは軍用地にでもなればしばらくは土地使用料という名目の金が入って来ます。今沖縄でさかんに転売されているのが軍用地です。持っていれば金が入るからです。日本の投資家が毎日のように沖縄の不動産屋さんを駆け回っている様を以前ニュースで見ました。辺野古の土地を買っていた議員さんたちも、投資家たちも何を考えているのでしょうか。自分だけ儲かればそれで良いという態度が日本の経済を暗転させて来たのではないでしょうか。人として実に悲しい光景です。

「琉球新報・3/7」
防衛相、普天間の県内移設の可能性示唆 与野党協議呼び掛ける

(社説)県民大会 国外・県外で大同団結を

「東京新聞・3/7」
首相、退陣辞さぬ覚悟 普天間移設、5月未決着なら

10/3/4・・・

  • 投稿日:
  • by

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2146日目」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/4夜までの情報です。今日も座り込みは継続中です。色々な立場の方がテント村を訪れているようです。夜のニュースの段階ではアメリカはあくまで現行案を主張していますが、これはまああまり気にしなくていいと思います。それよりも社民党内からも上がる国内移設案、そして政府が事あるごとに案に含めるシュワブ陸上案。このあたりがどうも少しネックになって来る気がします。国民新党は下地さんが嘉手納統合とシュワブ陸上の両方を押しているので、沖縄からの意見として当然強力な候補となるのは予測出来ます。たかだか一つの米軍基地のために、どうして日本が、そして日本人が翻弄されなければならないのでしょうか。不公平きわまりないですね。

県内移設案は何としても回避しなければならないと言った鳩山さんの言葉はやはり嘘だったのでしょうか。シュワブ陸上案などという寝耳に水の案が急浮上して来るのも解せないところです。今までの全ての道筋がシュワブ陸上案に向かっているのだとしたならば、アメリカと日本政府の間でそれこそ密約のように市民をコントロールし、県内移設案を認めさせようというレールを敷いていたのかも知れません。辺野古沖案、沿岸案を争わせるために企業や海人を使って本物の基地建設としてのリアルさを見せつけておいて、全ての自治体の反対が出ることを見越して県外移設を提唱して場所を探しているように見せかけ、その上でシュワブ陸上案という以前から用意していた案を浮上させて来る。海を埋め立てるのでないのならば少なくとも環境保護団体は「海を守ろう」というスローガンを外さざるを得ません。またそのための布石として既に工事が始まっているシュワブ内の兵舎移設の強行。「海を埋め立てるのでなければ良いじゃないか」という人も絶対に出て来るはずです。そんなことをしているうちに少しの埋め立てなら良いだろうというような勝手な理由で、なし崩し的に軍港建設に着手するでしょう。ホワイトビーチを返還するとでも言えば反対の声も少なくなると思っているでしょう。そして、海兵隊の重要な機能を備えた巨大な基地が完成するわけです。これを見越して象のオリをキャンプハンセン内に移したのかも知れません。普天間を無くし、他もいらない土地は返還し、見た目は基地の土地自体は減っていくので、沖縄にとっても良いことだと言われるでしょう。しかし実際は、嘉手納と共に世界に悪名を轟かせる新たな大海兵隊基地が誕生するのです。米軍も思いやり予算でまかない切れない部分の費用が、基地がまとまっていれば支出は抑えられます。はっきりしていることは、日本はまた沖縄を犠牲にしたという事実と、米軍の存在によって沖縄が今まで以上に世界から危険視されるという事実だけです。

日本政府がどういう結論を出すのか分かりませんが、私たちは今まで通り言うべきことはちゃんと言い続けなければなりません。黙っているのならば、平和と人権が蔑ろにされることを肯定しているのと同じことになるからです。

「琉球新報・3/4」
普天間移設 官房長官、米大使に検討現況を説明

(社説)密約文書消失 意図的な廃棄なかったか

10/3/1・・・

  • 投稿日:
  • by

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2142日目」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/1夜までの情報です。今日も座り込みは継続中です。昨日の津波警報のために、テント村も漁港も用心のために撤収していました。大事には至らなかったようですが、地域によっては10分の間に2m近くも海面が上下したところもあったようですね。改めて自然の脅威を感じました。自然は世界規模で影響し合っているのだということも今回改めて感じました。それから、ここ数日の模様については辺野古浜通信をご覧ください。色々な方が訪ねてくださっているのだということも分かります。

さて自民党の内紛が始まっていますね。分裂していくのでしょうか。そのとき民主党の反小沢派の前原さんたちと結束するような情報も流れていますので、どうなっていくのか少し心配ですね。そのどさくさで結局シュワブ陸上案でアメリカに打診する何てことが無いように気をつけたいですね。シュワブでは既に兵舎の新築が進んでしまっていますし、名護市の文化財調査の件などもう既に過去の話のように追いやられてしまっています。そもそも戦争と文化は共存しませんから。毛沢東然り、タリバン然りです。かつて超近代文明を誇ったバビロニア帝国の遺跡が沢山残っていたのに、米軍のおかげでイラク国内ではもう見る影も無いと言います。そんな米軍が出て行ったとしても、日本の安全には何の影響も無いのですよ、政府の皆さん。まあ危ないとすれば、追い出された米軍が今度は日本に攻撃を仕掛けて来るかもしれないということですけどね。安全保障が危ういとすれば、そんな程度のことしか思いつかないですね。米軍なんかいなくても平和な国は沢山あります。むしろ米軍がいない方が、日本はアジアとより深く話し合えるのではないでしょうか。

「琉球新報・3/1」
「米軍出て行く可能性ある」 長島氏、普天間国外移設けん制か

(社説)全首長県内拒否 普天間は県外撤去の潮時