10/2/23・・・

  • 投稿日:
  • by

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2136日目」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2/23夜までの情報です。今日も座り込みは継続中です。辺野古には入れ替わり立ち替わり沢山の方々が訪問して来ます。それぞれ個別に対応するのは大変ですが、平和への思いを持ち帰って欲しいという思いから心をこめて対応しています。そして日本中の平和への思いが結集すれば国の政策でも動かせます。平和を信じて歩みたいと思います。

高江ではここ数日フェンスを作る工事が進められていて、少ない人数での阻止行動が困難を極めています。作業員たちが大挙押し寄せて自然を破壊し続けています。 彼らは「沖縄防衛局」と名乗ってはいますが、多分どこかの「チンピラ」でしょう。いかにも自然界に配慮して、野生生物に影響のないようになどと言っているようですが、チンピラたちの存在自体が自然破壊であり、平和への逆行です。だいたい沖縄防衛局などという組織があること自体が日本の矛盾の最たるものです。その矛盾に比べたら、小沢さんの存在など取るに足らないものです。とにかく平日の昼間なのでなかなか集まるのは難しいかも知れませんが、行ける方は是非高江に向かってください。

さて、なんだかいつの間にか「シュワブ陸上案」が大手を振って闊歩するようになっていますね。とんでもない話です。県外と言っていたのはどこの誰だったのでしょうか。長崎の結果はそんな民主党に対するお灸なのかもしれませんが、長崎出身の知人の見解は違いました。「だからと言って自民公明推薦の候補を当選されるなんて情けない」と怒っていました。長崎県民が選んだのですから、それに関しては私は何とも言えないですが、それでもこれを契機に小沢さん失脚の足がかりぐらいにはなってくれるだろうとは思います。

「琉球新報・2/22」
高江ヘリパッド 防衛局、進入路への仮設フェンス設置を再開

「琉球新報・2/23」
「陸上、海上とも基地造らせない」 稲嶺市長が市議会で訴え

小沢氏の自発的進退判断に期待 長崎県知事選敗北で前原国交相

「東京新聞・2/23」
「県外」移設要求決議で合意 沖縄県議会、24日可決