10/3/7・・・

  • 投稿日:
  • by

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2149日目」
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

3/7夜までの情報です。今日も座り込みは継続中です。沖縄の天候はあまり良くなかったようです。作業船の動きについては未確認です。

さて、鳩山さんが普天間問題の5月解決が達せられなかった場合は辞任も退任もありうるという構えを公表しました。その覚悟は良いですが、ある意味ある程度の道筋は整っていると見るのが正解なのでしょうか。鳩山さんの発言だけは今一つ分かりません。結構口を滑らすので、あとで取り返しのつかない混乱を招くこともあります。いずれにしても第一弾は今月末頃提案がなされるのではないでしょうか。そうしないとまず5月に間に合いません。

自民党議員を中心に辺野古の回りの土地を買っていたことが問題になっています。基地バブルで土地が値上がりすることを見越していたのでしょう。もしくは軍用地にでもなればしばらくは土地使用料という名目の金が入って来ます。今沖縄でさかんに転売されているのが軍用地です。持っていれば金が入るからです。日本の投資家が毎日のように沖縄の不動産屋さんを駆け回っている様を以前ニュースで見ました。辺野古の土地を買っていた議員さんたちも、投資家たちも何を考えているのでしょうか。自分だけ儲かればそれで良いという態度が日本の経済を暗転させて来たのではないでしょうか。人として実に悲しい光景です。

「琉球新報・3/7」
防衛相、普天間の県内移設の可能性示唆 与野党協議呼び掛ける

(社説)県民大会 国外・県外で大同団結を

「東京新聞・3/7」
首相、退陣辞さぬ覚悟 普天間移設、5月未決着なら