2007/4/28夜

  • 投稿日:
  • by

キャンプシュワブ包囲行動「人間の鎖」は約千人の参加者とともに実施されました。辺野古のおばぁ、おじぃから子どもまで沢山参加しました。海側から包囲する海上行動は波が高く中止となりました。図らずも阻止行動のために体力温存となりました。皆が手をつなぎ5分づつ3回人間の鎖をつなぎ、ゲート前ではカヌー隊のメンバーが横たわって「ダイイン」で抗議の意志を示しました。報道によると、施設局は連休明けからまたも物量作戦で機材設置を強行して来るようです。そしてここに来て防衛施設庁の施設部長が「現況調査はアセスとは違うので、アセスも並行して出来るはず」という無茶苦茶な論を展開しています。この連休中に是非沢山の方々に呼びかけていただき、GW明けの阻止行動に1人でも多く参加してくださるように願いします。「何も出来ないから行けない」ではなく「行けば出来ることが必ずある」のです。とにかく沢山の方々が駆けつけてください。本当の平和の意志を、非暴力の本当の強さを国に対して示しましょう。