2007/5/19・8:00

  • 投稿日:
  • by

沖合で作業船と思われる船影を確認し、辺野古漁港から雇われた漁民のチャーター船が出港するのに合わせてカヌー隊出航しました。生活のために雇われれば船を出すしか無い人たちもいます。辺野古の中でも様々に意見が割れていますが、それでも作業にあたる皆の心に声をかけ続けるしかありません。海上行動はとても難しい阻止行動となっていますし、皆疲れを押しての阻止行動ですが諦めません。昨日は少しの時間でも辺野古に行かなければということで駆けつけてくださった方々も沢山いました。沢山の監視の目が必要です。また全国で声を上げることが大切です。それぞれ出来る力を尽くしましょう。