2007/5/20夕方その2

  • 投稿日:
  • by

琉球放送(RBC)の記事を2つ引用します。「辺野古調査 きょうも続く」普天間基地のキャンプ・シュワブへの移設に向け、那覇防衛施設局は20日も移設先の海域で調査機器の設置を続けています。那覇防衛施設局による調査危機の設置は20日で3日目となり、名護市辺野古では20日も朝から作業が行われています。今回の調査はサンゴの産卵やジュゴンの生息状況を調べるために行われるもので、20日もダイバーが水中のビデオカメラやパッシブソナーと呼ばれる機械の設置作業を行っています。ところで、移設に反対する市民団体の代表として座り込みを続けてきた「命を守る会」の金城祐治代表が19日、病気のため亡くなり、反対派はきょうはカヌーなどを出さず海上での阻止活動は行われていません。那覇防衛施設局の機器の設置作業は20日中にも終了するとみられています。「辺野古調査 サンゴ着床具完了」普天間基地のキャンプ・シュワブへの移設に向けた作業で、那覇防衛施設局はきょうサンゴの産卵状況を調べる着床具の設置を終了しました。那覇防衛施設局による調査機器の設置はきょうで3日目となり、名護市辺野古ではきょうも朝から作業が行われました。今回の調査はサンゴの産卵やジュゴンの生息状況を調べるために行われるもので、きょうもダイバーが機械の設置作業を行いました。このうち、サンゴの産卵状況を調べる着床具の設置は完了し、おとといから始まった作業はきょうで終了しました。今回の一連の作業には海上自衛官も参加したことから仲井真知事をはじめ県内からは反発の声が挙がっています。