2007/5/29昼

  • 投稿日:
  • by

現在のところ施設局の動きはありません。海上行動に参加している人たちは水泳の訓練などもおこなっています。今日はドイツからも座り込み参加者があるようで、辺野古で起こっている日米安全保障条約の歪みと不条理さを丁寧に説明しています。それから気になる情報がありました。県内で一番の財政赤字を抱える宮古島市が財政再生団体に指定されることを避けるため「破綻回避の緊急声明」を出しました。詳細は以下のリンクをお読みいただければ幸いです。しかし何故気になるかと言うと、下地島空港を抱える宮古島市が財政危機に陥っているとすると、その助け舟として公的資金が投入されたりする際に「下地島の軍事使用」が条件となる可能性もあるからです。もしくは「下地島空港の軍事使用料」という名目で赤字など即解消できる額が提示された場合はどうなるでしょう。宮古・八重山は軍隊拒否の姿勢が強いので、政府は今回の声明を絶好の機会と見る可能性も決して否定出来ません。考え過ぎであることを祈るしかないですが、引き続き下地島空港の情報には注目してください。「沖縄タイムス・5/29」破綻回避で緊急声明へ/宮古島市。「琉球新報・5/29」宮古島市、再生団体回避へ改革 緊急市長メッセージ