2007/5/29夜

  • 投稿日:
  • by

今日は追加機材設置等の作業強行はありませんでした。今日は皆水泳の練習に励んだり、カヌーを初めて漕ぐ人への指導などがおこなわれました。皆図らずもどんどんカヌーも水泳も操船技術も上達しています。海には本来こうして接するものだという見本のような場面が辺野古では見られます。釣り船やカヌーが行き交い、楽しく泳ぐ人たちがいるというのが人と海のあるべき姿だと思います。人命救助に徹する海上保安庁の働きは尊いと思いますが、作業船を警護する保安庁や、海上自衛隊の姿、そして水陸両用車で珊瑚の海を荒らしまくる米軍の姿、そのどれもが辺野古の海には相応しくありません。明日も海と人があるべき姿でいられますように。