2007/6/10夜

  • 投稿日:
  • by

(琉球新報・6/10)「『普天間移設に反対』一坪反戦地主会が東京で緊急集会」普天間飛行場の名護市辺野古への移設に反対する緊急集会(一坪反戦地主会関東ブロック主催)が9日夜、東京・池袋の豊島区民センターで開かれた。約350人が参加し、「日本政府は辺野古への基地建設のために自衛隊を投入した。事前調査の強行と自衛隊投入を追及しなければならない」とする集会アピールを採択した。集会には当初、平和市民連絡会の平良夏芽共同代表とヘリ基地反対協の安次富浩代表委員が参加する予定だったが、同日午前に再開された辺野古沖の環境現況調査(事前調査)に向けた機器設置作業に対する抗議行動のため参加を取りやめた。両氏は沖縄から電話を通じて、現地の状況を報告した。