2007/6/10・17:30

  • 投稿日:
  • by

今カヌー隊が引き上げてきました。ギリギリの攻防でイノー(リーフ内)の作業は止めました。辺野古の命を守ってきたイノーへの更なる暴挙を体を張って止めました。船の方も機材設置はさせなかったと思われます。また情報が入り次第アップします。この粘り強さを政府の方々は是非見習って欲しいと思います。そして自分たちが暴挙を繰り返している場所で、市民がどんな姿で命を守っているのかを見に来るべきだと思います。永田町の居心地のいい椅子に座って口先だけで命のやり取りをしているかのような錯覚をしている政治家の方々は、全員で辺野古の「平和を創り出す行動」を見に来るべきだと思います。