2007/6/10・9:15

  • 投稿日:
  • by

現地からの連絡です。8:00頃に9隻の海上保安庁のゴムボートがリーフ内で目を光らせはじめ、船とカヌー隊はそこに向けて出航しました。作業船はリーフの外に待機しているのですが、それがリーフ内や大浦湾の各ポイントに散って行くのが作業開始の合図です。カヌー隊は幾つか浮かべられたポイントブイに分散して作業を阻止しています。昨日東京の集会で上映されたビデオには大きなサングラスをかけた海上保安庁の隊員に対して、こちらの船から誠実に呼びかけるシーンがありました。隊員たちは聞いてないそぶりでしたが、呼びかけた言葉の数々は心に届いていると思います。今はダメでも、いつかそれが隊員の方々の生き方に大きく影響して来ると思います。心から平和を信じる言葉の数々が人を動かさないはずがありません。諦めることなく呼びかけを続けたいと思います。