2007/6/13・9:00

  • 投稿日:
  • by

今日は海が少し荒れ模様のようです。天候によっては作業強行の恐れがあります。それから昨日の新聞記事を二つリンクします。久間さんのひどい開き直りと、沖縄への侮辱です。しかも記事の見出しだけみていると、読み飛ばしてしまうようなものです。久間さんの発言をまるで隠すかのよう感じにも思えます。

沖縄タイムス
首相「早期に結論」/那覇空港拡張 
【東京】安倍晋三首相は十一日の参院決算委員会で那覇空港の拡張整備について「沖縄の発展には那覇空港の能力の増強は必要。できるだけ早期に結論を出し、実現に向けて取り組んでいきたい」と述べ、積極的に取り組む姿勢を示した。西銘順志郎氏(自民)への答弁。「集団自決(強制集団死)」への日本軍の関与に関する記述が高校の歴史教科書から削除された問題で、西銘氏が「速やかに見直すべき」と訴えたが、安倍首相は「個別の検定意見に、内閣の長として意見を申し上げることは差し控えたい」と従来の見解を繰り返した。
久間章生防衛相は、米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部の現況調査(事前調査)に海上自衛隊が動員されたことに県民の反発があるとの指摘に、「戦前の軍隊と一緒に見られるというのは、自衛隊にとっても大変気の毒なこと。そういう間違った考え方をぜひ沖縄の人はやめていただきたい」と訴えた。
那覇空港の拡張について、冬柴鉄三国土交通相は「福岡空港に次いで乗降客の多い空港」としつつ、「今、最終段階にある調査の結果を踏まえて、ゴーということになれば、総力を挙げて頑張っていきたい」と述べ、政府を挙げて取り組む考えを強調した。
安倍首相は「沖縄はアジアの中心に位置し極めて有利な点がある。グローバル化の時代で空港がいかに整備されているかということで競争していかなければならない」と述べ、同空港の拡張整備の必要性を指摘した。

琉球新報
那覇空港拡充に前向き アジアゲートウェイ構想
【東京】安倍晋三首相は11日午後の参院決算委員会で、日本を世界とアジアを結ぶ懸け橋にすることを目的に、自身が提唱する「アジア・ゲートウェイ構想」に触れ、「沖縄こそまさにアジア・ゲートウェイの中心になっていく可能性は十分にある」と述べた。
さらに「沖縄の発展には那覇空港の能力の増強が必要だと認識している。今後幅広く合意形成を図りながらできるだけ早期に結論を得て実現に向けて取り組みたい」と那覇空港の機能拡充・強化に前向きに取り組む姿勢を示した。西銘順志郎氏(自民)への答弁。
安倍首相は高市早苗沖縄担当相が5月に発表したアジア諸国や県内外の青年らが沖縄で交流する「アジア青年の家」構想の実現に意欲を示した。
高市沖縄相は沖縄振興計画について「計画後半5年では、これまでにも増して沖縄の独自性を増すこととさまざまな産業の高付加価値化、ブランド化に力を入れたい」と述べた。
米軍普天間飛行場代替施設の環境現況調査(事前調査)に海上自衛隊の掃海母艦「ぶんご」を動員したことについて「県民に銃口を向けるものだとの声も上がった」との西銘氏の指摘に対し、久間章生防衛相は「自衛隊は民主国家にとって必要最小限の実力を保持する組織で国民に銃口を向けるものではない。沖縄の人々はそういう間違った考えを持つことはやめてほしい」と述べた。