2007/6/15・17:30

  • 投稿日:
  • by

今日は作業強行はありませんでした。文部科学省の納得のいかない答弁や、海自再投入が疑われる発言など、今日は色々とニュースがありました。さて昨日のシュワブ内遺跡調査報告会の模様が報道されました。(沖縄タイムス・6/15)「遺跡保存望ましい」/シュワブ埋蔵文化財調査「名護市教委が市民報告会」米軍普天間飛行場の名護市キャンプ・シュワブ沿岸部移設に伴う埋蔵文化財の調査結果について、名護市教育委員会は十四日、市中央公民館で市民調査報告会を実施した。市教委は今後、文化庁の補助事業として、シュワブ内の文化財の分布調査などを実施する。報告会には、移設に反対する市民ら約五十人が参加した。試掘調査の結果、土壌からは約百五十年前の壺屋焼とみられる陶器片一点、同年代以降と推測される稲の花粉が検出された。畑跡とみられる遺構二カ所と、石積みや道として利用したと思われる跡も確認できた。同教委は「辺野古地区の畑や田んぼの状況が分かる遺跡と考えられ保存が望ましい」と施設局へ報告したという。