2007/6/19・17:30

  • 投稿日:
  • by

今日は施設局の作業強行は無かったようです。詳しい情報はまた夜に「基地建設阻止」にアップします。明日からは天候も回復するようです。ただ海の状態も良いようだと作業強行される恐れもあります。23日前に終わらせてしまおうと企てられていても不思議ではありません。また注目して集まってください。作業が無ければ無いで辺野古の海がまた1日守られたということでもあります。さて、久間さんの話題ばかりで申し訳ないのですが、もう防衛「大臣」になったことが嬉しくて仕方がないかのように暴走し続けています。

(朝日新聞・6/19)「国民は平等に情報収集の対象」久間防衛相が発言
参院外交防衛委員会で19日、自衛隊のイラク派遣に反対する市民運動などの情報を陸上自衛隊の情報保全隊が収集していた問題について、久間防衛相は「国会議員であっても、国民は平等に情報収集の対象になり得る」と述べた。増子輝彦氏(民主)の質問に答えた。増子氏は衆院議員時代に「イラク派遣は違憲であり、派遣に反対」と発言したことを、情報保全隊から「反自衛隊活動」と分類された。久間氏はこうした分類について「冷戦構造の中からやっているもので、ある意味で惰性だった。『反自衛隊』という分類は間違っている。分類の仕方について検討させている」と述べ、分類方法が誤りであったことを認めた。増子氏が「国会議員を監視しても構わないのか」と質問したのに対し、久間氏は「監視ではなく情報収集だ。(情報保全隊が)任務としてやっているので私自身が対象になっても構わない。国会議員もほかの人も同じだ」と答弁した。