2007/6/21・11:00

  • 投稿日:
  • by

現在のところ作業強行の動きは見られません。沖縄は梅雨が明けました。これから本格的な夏の暑さとの戦いです。金武(きん)のキャンプハンセンの演習場からはパラパラという銃の音が響き渡っているようです。新報の記事を二つ全文リンクします。

【6/21・琉球新報】
辺野古ジュゴン、CGで保護訴え WWFジャパン制作

世界自然保護基金(WWF)ジャパンは、生態があまり知られていないジュゴンを多くの人に知ってもらおうと、測量した辺野古・大浦湾の地形データを3次元映像(3D)で表現し、ジュゴンの目から見た海底などのコンピューターグラフィックス(CG)映像を制作した。 CG制作は、国内のジュゴン保護団体が国際機関に働き掛けている「2010年を国際ジュゴン年に」のキャンペーンの一環。15秒、30秒、2分の3種類を制作した。
透明な海水に太陽の光が差し込む辺野古・大浦湾の海底で、ジュゴンや魚が気持ちよさそうに泳ぐ姿や上空から青い海を表現した映像が流れている。「日本に生き残っているジュゴンは50頭以下」「このままでは絶滅してしまうかもしれません」などの文章を日本語と英語で表示している。
WWFジャパン広報の町田佳子さんは「一般の人、企業、団体など多くの人に利用してほしい」と呼び掛けた。グループリーダーの花輪伸一さんは「なんとか守ってほしいと願いを込めている」と話した。
ジュゴンを紹介したポストカードの無料配布(配布を手伝うメッセンジャーも募集)やB2サイズのパネル10枚(写真8枚、説明2枚)も貸し出している。
WWFジャパンのホームページ(http://www.wwf.or.jp/dugong/)で、30秒版の映像を紹介している。問い合わせは町田さん03(3769)1713。

【6/21・琉球新報】
与那国寄港へ ホワイトビーチ2掃海艇確認

うるま市勝連のホワイトビーチに20日午後7時10分ごろ、米海軍佐世保基地所属の掃海艇「パトリオット」と「ガーディアン」の2隻が寄港しているのが確認された。2隻は24日に与那国町の港への入港を予定している。目撃者によると20日正午ごろには寄港が確認されており、20日午前に入港したものとみられる。