2007/6/24・15:45

  • 投稿日:
  • by

今日は辺野古に沢山の方々が来てくださっています。バスで団体の方々が来てくださったり、本当に力づけられます。辺野古で見て聴いたことを是非沢山の方々につたえ、明日にも始まるかもしれない強行作業再開の情報に注目してください。そして来られる方は是非駆けつけてください。海に出なくても、使い終わったカヌーを洗う手伝いだけでも大きな助けになります。とにかく沢山の監視の目が何よりも力になります。それからこんな状況下で米軍は与那国に寄港するようです。実際に行ったのかどうかまだ分かりませんが、軍事調査目的ということが公になっても、開き直ったような態度で「親交」目的だそうです。

(沖縄タイムス・6/24)「米艦船、きょう与那国入港/外間町長、再度『反対』」米海軍佐世保基地(長崎県)所属の掃海艦ガーディアン(排水量一,三六九トン)とパトリオット(同一、二五〇トン)が二十四日、与那国町の祖納港に初入港する。県内の民間港湾への米艦船の寄港は極めて異例。米掃海艦の与那国寄港をめぐっては、外間守吉町長が「反対」を表明、県が使用自粛を日米に申し入れている。二十三日にはケビン・メア在沖米国総領事や外務省沖縄事務所の倉光秀彰副所長らが与那国入りし、艦船の受け入れに向け、関係者らと調整した。外間町長は同日、「寄港に反対する意思に変わりはない。行事などにも一切協力しない」と述べ、あらためて米艦船入港に反対する考えを示した。米海軍は今回の寄港目的を「乗組員の休養と友好親善」と通知しているが、メア総領事は沖縄タイムス社のインタビューに「入港することでいろんな情報が入る。長らく入港していない港であれば、例えば海図に記載されている水深が正しいかなどを確認することになる」と話し、「調査」の側面も認めている。また、「この地域全体に米軍が日本の安全保障に対するコミットメントを果たす用意があることを示す意味合いもある」と台湾海峡情勢を見据えた先島全体の軍事戦略的な意義も示唆している。米艦船の民間港湾入港に際しては、米軍が「港湾の位置や状態」「燃料の調達方法」「医療施設や医者の英語能力」「給水、通信施設」「クラブ、バー、レストラン、ホテルの状態と値段」「寄港反対運動」など計五百項目以上にわたる詳細な調査報告書を作成していることを、共産党が一九九七年の参院決算委で明らかにしている。米総領事館によると、ガーディアンは二十四日午後一時、パトリオットは午後二時に祖納港へ入港。艦長らの記者会見や艦内の一般公開、夕食会を開く。二十五日は約百二十人の水兵が下船し、祖納港近くのナンタ浜での清掃活動や地元関係者とのバーベキューパーティーを開催。二十六日午前七時ごろに出港予定。