2007/6/26・19:30

  • 投稿日:
  • by

(琉球放送・6/26)米軍MV22オスプレイ不具合で全機飛行禁止
アメリカ海兵隊の次期主力機、MV22オスプレイの油圧スイッチ類に不具合がみつかり、今月21日からすべての機体の飛行を禁止し点検作業に入っていることがわかりました。MV22オスプレイはヘリコプターのような垂直離着陸と固定翼機のようなスピードと持続距離を併せ持つアメリカ海兵隊の次期主力機で今年9月にイラクでの実践投入を予定しており沖縄にも配備する意向が示されています。このオスプレイの油圧スイッチ類に不具合が見つかり今月21日からすべての機体の飛行を禁止し点検作業に入っていることがわかりました。アメリカ軍は実戦部隊に配備された機体はすべて修復済みとしておりイラクへの派遣は予定通り実施される見通しです。オスプレイは開発と試験飛行の段階で4回墜落し合わせて30人が死亡しており危険性が指摘されてきました。