2007/6/3午後

  • 投稿日:
  • by

今日は辺野古にバスで団体の方が訪れてくださり、座り込みの方々も説明に追われたようです。やはり土日は参加者が多くなります。辺野古で見たこと聞いたことを是非自分の問題として、それぞれ生きる場で表現して欲しいですね。それからジュゴンの藻場モニタリングも天候の回復に伴って無事行なわれたようです。それから沖縄で見えている日本の問題の歪みは辺野古に集約されていると言えますが、ただ歴史や文化含めて沖縄全体を見渡す作業無しには正しく理解出来ません。そのための基礎的な本を紹介します。もっと早くご紹介すべきでした。「観光コースでない沖縄—戦跡・基地・産業・文化」高文研 1,680円。アマゾンのリンクでは1997年改訂版が最新の物として載っていますが、現在では2004年の判が最新です。どこの本屋に注文しても手に入ると思いますので、必ず最新版、もしくは2004年版と言って注文してください。大きな本屋に行けば書棚に並んでいます。沖縄で起こる事態は日々刻々と変わっていますので、是非最新版をお読みください。読みやすい本だとは思いますが、難しければ「沖縄修学旅行」高文研「オキナワ体験ガイド」ユニプランなどもおすすめです。共に最新版が良いと思います。