2007/6/8午前

  • 投稿日:
  • by

昨日から辺野古は雨模様で、沖縄の変わりやすい天気と梅雨空のもとで座り込みが始まっています。毎日様々な年代の方々や団体さんが来てくださっているようです。辺野古の現場に立ったという事実を主体的に生かしていただきたいと心から思います。さて、防衛「省」・自衛隊のホームページ「記者会見」のページをチェックしていたところ6日の会見で「情報保全隊」の活動に対する開き直り答弁が記されていました。質問者の質問が端折ったような形になっている部分も多く、防衛「省」の意図的なものを感じますが、これはホームページの性質上致し方ないでしょう。しかしそれでも答弁の開き直り度合いは十分伝わってきます。読む人が読めば「愚かさ」が明らかに分かるの数々の言葉が羅列された答弁をこうしてアップしているということは、防衛「相」に対して不満を抱いている方が策を講じているのかと勘ぐってしまいます。もしくは「久間さんの完璧な答弁だ」と信じ切って載せているのでしょうか。