7/21・21:20

|

共同通信の情報を早くも東京新聞が流してくれています。携帯で観ている人もいるので全文リンクさせていただきます。「反対派」という言い回しはどうかと思いますが。

(東京新聞・7/21)普天間移設調査でトラブル 「バルブ閉めた」と反対派
米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設予定先の同県名護市のキャンプ・シュワブ沿岸海域で21日、移設に向けた那覇防衛施設局の環境調査を委託されている業者の作業ダイバーと、移設反対派リーダーの平良夏芽牧師(44)が海中でもみ合いになるトラブルがあった。平良牧師は「海中でボンベのバルブを閉められた。命にかかわる一線を越えた行動で、刑事告訴も検討したい」と話している。平良牧師によると、同日正午すぎ、名護市の辺野古漁港沖約1キロの海底3、4メートルで、委託業者の作業ダイバー3人が、環境調査でジュゴンなどの行動を調べるパッシブ・ソナー(音波探知機)の土台を海底に固定しようとした。平良牧師が作業を阻止しようと土台にしがみつくと、ダイバーは平良牧師を羽交い締めにした。

このブログ記事について

このページは、hが2007年7月21日 21:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「7/21・20:15」です。

次のブログ記事は「7/22・02:10」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

Powered by Movable Type 4.2-ja