7/17・22:00

  • 投稿日:
  • by

まず高江ですが、北部訓練場のメインゲート前に重機(ユンボ)がおろされ一時は阻止行動に移りましたが、結局ヘリパッド建設とは関係ない別業者で、台風の土砂崩れ対策の作業であることが判明したため中に通したようです。しかしいつ作業車両が突入して来るか分からないため、今晩も徹夜の座り込みとなっています。人数も少なくみんな疲労しています。是非交代の座り込みに参加してください。またそれぞれ各方面へ声をかけて、世論を大きくしてください。やんばる東村 高江の現状

辺野古はもの凄いことになってしまっています。強行作業は天候の回復を待って午前11時から始まった20隻の船による生物調査、機器の点検は午後5時ごろまで続きました。天候の回復とは言っても雷や波浪注意報が出たままでの作業強行です。施設局は作業員の安全さえも確保しないつもりのようです。「美ら島ぬ しせつきょく」とうたいながら、海のことが全く分かっていません。それからこちらのダイバーが確認したところ、台風の波でパッシブソナーが海底で横倒しになっていたようです。それからいつも暴力的な妨害をして来る「愛華丸」という警戒船があるのですが、今日はとうとう阻止行動の女性の腕を船の上からつかみ、船を走らせて引きずり回したのです。幸い怪我はありませんでしたが、船の免許を持つ者としてあるまじき行為です。海上保安庁は「愛華丸」のような船を取り締まらないで、いったい誰を取り締まるというのでしょうか。那覇防衛施設局のやり方はあくまで「暴力」なのですか。答えなさい!