7/23・12:30

  • 投稿日:
  • by

辺野古では結局4船団8隻の船が出て作業強行しています。こちらは船とゴムボート1艇ずつ、あとはカヌー隊です。阻止行動の現場の詳しい内容はまだ入っていません。結局業者ダイバーは「そんな事実は無い」と事件のことを突っぱねているようで、施設局も「来ても会わない」という態度を貫くようです。これは沖縄のマスコミも国から無視されているのと同じだと思います。引き続き報道をよろしくお願いいたします。それから高江には防衛施設局職員が来たようですが追い返しています。またやって来る可能性はあります。とにかく24時間態勢での座り込みになってしまっています。普通ならば3交代制をとらなければならない時間帯ですが、少ない人数で座りこみを続けています。辺野古も高江もいったいどうしたらいいのか不安と戸惑いのなかで、それでも市民たちが懸命に「止めて」います。助けに行ってください。