9/6・12:30

  • 投稿日:
  • by

未明の作業強行の後、昨日と同じような状態が続いているので、阻止行動は一旦浜に引き上げ、陸上待機をしています。琉球新報の記事で環境アセスメントの方法書の扱いとその後の手続きについて詳しく載っています。国による沖縄県を無視したやり方が見えます。地元と丁寧に話し合うという言葉とこの扱いがどこでどうリンクするのか全く疑問です。以下の記事は携帯では機種によって観られないかも知れませんのでパソコンからご覧ください。

(琉球新報・9/6)12月上旬にも知事意見期限 普天間アセス方法書