10/17夕方

  • 投稿日:
  • by

午前中作業船団は6個のパッシブソナーの設置を強行しようとしました。そのうち1個については設置されてしまいましたが、残りは阻止しています。午後は作業をさせませんでした。作業ダイバー2名に対して、こちらのダイバーが4名いたため止めることが出来たと思います。明日以降どのような形と人数で作業を強行してくるか分かりませんが、沖縄防衛局が作業員たちに対しての監視と締め付けを強化したならば、何人ものダイバーを投入して来るものと思われます。それよりも厳しいのは、現在の阻止行動が沖縄の一部地域での小競り合い程度の理解しかされなくて、報道も取り上げず、当然全国紙にも情報が載らないことです。完全に教科書検定問題の陰に隠されています。皆さんの意識を辺野古に集中してください。