環境保護のつもり?

  • 投稿日:
  • by

今日は3船団6隻で作業を行ったようです。作業員たちの言い分によれば「昨日の米軍の水陸両用車の軍事演習で珊瑚等が破壊されていないか調査している」とのことでした。その珊瑚をもっと「丁寧」に破壊しようとしているのが事前調査であり、粗雑な環境アセスメント案であり、新基地建設なのです。作業員たちの言っていて虚しくなったことでしょう。それから仲井眞さんがアセス方法書に対する意見書を出すようです。つまり正式にあの杜撰な方法書を認めるということであり、政府案の通りの日程で事が進められるということでもあります。沖縄県知事・仲井眞弘多さんはすっかり丸め込まれてきました。まあ新基地建設白紙撤回の立場からすれば、石破さんも仲居眞さんも、考え方に大した違いは見られませんけど・・・。