2/20・12:00

  • 投稿日:
  • by

沖縄からの報告です。高江の詳細です。今朝7:30bごろ高江の座り込みを破って砂利が搬入されました。N4地点には、警備員30名、防衛局10名、警察3名が来て、10分の間に10tダンプ7台に入られました。N1地点では、警備員10名、防衛局4名、3t、5tダンプで2台が入りました。徹夜で泊まり込んでいた人、テントにいた人も警備員に取り囲まれ身動きが出来ませんでした。運び込んだ砂利で作業道路の拡幅、整地作業などが2月中に行われる可能性があります。高江住民だけでの阻止には限界があります。高江だけでなく、辺野古だけでなく、沖縄全体、日本全体の課題として捉え、どうか座り込みに参加をしてください。また辺野古ではマンタ法による調査などが行われ、座り込みが継続されています。ここ数日、海上保安庁が周辺に姿を現し、近づくと逃げるように去っていきます。辺野古では海上人員、陸上人員共に人数が必要です。是非集まってください。