2/20・8:30

  • 投稿日:
  • by

今朝の辺野古では1隻の作業船がマンタ法での調査をしていて、汀間漁港から更に作業船が出て来るものと思われます。それから高江の方がやられました。砂利の搬入を強行されてしまいました。N1ゲートからは小型ダンプ2台が入り、10人の警備員に5人の沖縄防衛局職員が警備にあたっているようです。N4ゲートからは7台の大型ダンプが入り、警備員30人、沖縄防衛局職員10名が動員されました。現場では出て来るところを待って抗議する準備をしているようですが、沖縄防衛局は今日は作業終了を告げているようで、搬入強行のみだったようです。沢山の方に駆けつけていただきたいのですが、現場での阻止行動には間に合わないと思います。向かえる方は各自の判断でお願いします。現地のブログ「やんばる東村・高江の状況」には1枚だけ写真が載っていますが、これから情報が更新されるかも知れませんので注目してください。とにかく政府は辺野古も高江も阻止行動のせいで作業が遅れているというキャンペーンを張っていますので、皆さんも情報を伝える場合、十分な意識を持って丁寧にお願いいたします。