メア総領事発言続報

  • 投稿日:
  • by

前の書き込みの件で、沖縄からの詳細な情報が届きました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日午後のことです。平和市民連絡会と市民共同行動は、アポイントの上、浦添にある在沖米国総領事館に出向きました。総領事館では「総領事は、仕事があり代理のものが面会する」とのことで、その代理に対して、先の事件に関して抗議を行い、文書を手渡しました。ところが、メア総領事の「仕事」とは隣接するショッピングモール「バークレーコート」で一時間の食事をし、スターバックスで30分、コーヒーを飲むことでした。テラスでコーヒーを飲んでいるところを見つけられたメア総領事は、裏口からコソコソと領事館に戻りました。これだけでもアメリカ合衆国を代表する人間として、無礼で、恥ずかしい行為ですが、ここからが問題です。

新聞記者が「何故、メア総領事はコーヒーを飲む時間があるのに、沖縄の市民に会わわないのか」と質問したところ、広報を通じて次のように公式の返答がありました。「平良さん(平和市民連絡会共同代表)は、逮捕歴があるから会わない」。たとえ非暴力抵抗に対して有罪が確定した過去があったとしても、会わない理由としては成立しません。ましてや平良さんの逮捕は不起訴となり、事件としてさえ成立しなかった事案です。このような態度、発言は重大な人権侵犯であり、メア総領事がいかに日本人を、沖縄人を、蔑み、軽んじているかを、如実に現しています。まさに殺し、姦する側の論理です。

多くの抗議の電話、FAXを下記まで、日本語で構いません。
在沖縄米国総領事館
TEL:098-876-4211(朝8時半より)
FAX:098-876-4243

なお平良さんの逮捕歴とは、キャンプシュワブへの防衛庁(現「省」)主導による文化財調査の止める際に起こった事件です。非暴力抵抗のため座り込んでいた際に、基地内に向けて車を急発進させ、立ちはだかった彼を轢いた上で逮捕拘留した不当な逮捕に対して、名護警察署は日本中からの大バッシングに遭いました。
結局、起訴すら出来なかった事件です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上引用終わり