3/15・8:00

  • 投稿日:
  • by

現在、辺野古の座り込みに参加している人たちで手分けして、陸上、海上の監視を行っています。インチキな手続きで作られた環境アセス本調査に、沖縄防衛局は今日15日から着手すると発表しています。海上でのアセスについては、海面の使用許可を沖縄県等に申請しなければなりませんが、陸上でのアセスなどはすぐにでも着手ということになるかもしれません。特にアセス本調査を強行するならば、陸上での作業ヤード建設が必ずあるはずだと見られています。座り込み・監視への参加をお願いします。平日も十分な座り込み体制ではありませんが、平日来ることが出来ないという方は、是非土日の参加をお願いします。

なお、環境影響評価方法書に対する追加・修正資料については、パソコンよりダウンロードできます。

また17日(月)〜31日(月)まで以下の場所で閲覧できます。閲覧時間は9:00〜5:00です。

沖縄防衛局 報道室  
(現庁舎:那覇市前島3丁目25番1号)
(新庁舎:中頭郡嘉手納町字嘉手納290番9号)
沖縄防衛局 名護連絡所(名護市辺野古134番1号)
沖縄県庁 行政情報センター(那覇市泉崎1丁目2番2号県庁2階)
名護市役所 1階ロビー (名護市港1丁目1番1号)
宜野座村役場 企画課 (宜野座村字宜野座296番地)