3/17・9:00

  • 投稿日:
  • by

現在10隻ほどの作業船がマンタ法による調査を開始しています。また沖合に鮫避け用の檻を積んだ船も確認されているので、ブイ設置や、震度の深い部分での機材に関する作業も行われるものと見られています。沖縄防衛局はとうとう海上でのアセス本調査を開始しました。阻止行動の面々は作業を止めるために早朝より海上に出ています。作業は今後大規模になってくると思われるので、どこまで阻止出来るか分かりませんが、とにかく平和を創るための行動は続きます。また陸上が手薄になると作業ヤード設置などの作業班が投入されて来るはずですので、是非座り込みに集まってください。