4/12・8:45

  • 投稿日:
  • by

作業内容は不明ですが、今朝は辺野古漁港から2隻、汀間漁港から6隻程度の作業船が出るようです。こちらは船とゴムボートを出して警戒監視行動中です。

本日のシンポジウムのお知らせです。

「韓国・沖縄・日本の米軍基地の環境調査報告と問題」
日時:4月12日(土) 10:00〜17:00(予定)
場所:沖縄国際大学5号館107教室

提起
記念講演:伊波洋一(宜野湾市長、「人権・環境問題と普天間基地」)
特別講演:加藤裕(弁護士、「サンフランシスコ連邦裁判所ジュゴン判決の意味」)
韓国(クンサン、ピョンテク、駐韓米軍基地の環境問題)
沖縄(辺野古、高江ヘリハ゜ット、コートニー鉛汚染、枯葉剤・水源汚染)
日本(横須賀、厚木・相模原)
米兵女子中学生暴行事件に抗議する特別報告:高里鈴代(行動する女たちの会代表)

主催:同シンポジウム実行委員会(共同代表;桜井国俊、佐藤学)
連絡先:シンポジウム事務局(沖縄環境ネットワーク 電話FAX: 098-861-1101)
後援:沖縄環境ネットワーク、沖縄平和市民連絡会、基地・軍隊を許さない行動する女たちの会、ジュゴンの里、名護ヘリ基地反対協、那覇ブロッコリー、二見以北10区の会、普天間基地爆音訴訟団、1フィート運動の会、沖韓民衆連帯、沖縄タイムス、琉球新報、沖縄テレビ、琉球放送、琉球朝日放送