7/8・10:00

  • 投稿日:
  • by

今日は14隻の作業船が出ています。ライン調査、マンタ法調査をおこなっていますが、3隻の騒音調査の船が含まれています。今日の辺野古は静かなようですが、沖縄で住宅地の上を飛ばないヘリや戦闘機など見たこともありません。つまりV字案など全くの虚偽であり、米軍自体も滑走路の一方向利用はあり得ないと言っています。米軍が言わなくても、羽田空港などを見ただけでも簡単に分かることです。辺野古で行われている調査の全てが「基地建設は可能である」という結果を導き出すためのアリバイづくりです。データとして自然保護をすべきだというような数字が出たとしても絶対に隠蔽、もしくは改ざんするはずです。調査内容や日程さえ明らかにしない環境調査自体があり得ない話なのです。