抗議と激励のお願い

  • 投稿日:
  • by

沖縄からまわって来たものです。高江のために是非皆で力を集めましょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「2割犠牲で8割生かす」東村村長発言に合意してない!するわけない!キャンペーン

手紙、FAXなどを使って、村長に抗議しましょう!古典的かもしれませんが、抗議している人の存在を直接感じさせるインパクトがあると思います。村長失言発言に対するツッコミどころは満載ですが、とりあえず以下3点をあげます。皆さんがワジワジーした点を、どんどん付け加えていただければと思います。そしてやっぱり、発言の撤回を求めていきましょう。

(1)村民の暮らしや権利を守るのが村長の務めではないのか。数で天秤にかけ、一方を切 り捨てる発言は、行政の長としてふさわしくないばかりか、役割放棄とも受け取れる 発言である。
(2)米軍基地再編後の運用に対する認識が甘すぎる。北部訓練場・辺野古・金武・嘉手  納・伊江島を結んで沖縄島中北部全体が軍事基地化したら、2割も8割もない。
(3)失言を失言として認識していない。政治家としての資質すら疑われる発言。

この怒りをこちらへ↓↓

東村村長 伊集盛久様
905-1292 沖縄県国頭郡東村字平良804番地
東村役場
FAX 0980-43-2457(海外からは+81-980-43-2457)


しかし抗議だけでなく、応援メッセージも送って欲しいのです。相手は高江区長さんと、高江に住む区民の方々。

東村村長発言に負けないで!キャンペーン

東村長問題発言は怒ってしかるべきものですが、名指された側にとっては恫喝のように響くかもしれません。これまで踏んばって反対を訴えていた人たちにとっても、「もうお前達は犠牲になってもいいのだ」と公言されることは、今までの努力が一気に潰されるような気持ちになるかもしれません。高江に限らず、沖縄の基地反対運動は「どんなに反対してもだめなのでは」と意気消沈させられる経験を何度も強いられてきています。無力感の力はすさまじく、基地に反対する声どころか諦めることに慣れ、基地に疑問を抱く感性すら奪っていくものだと思います。そんな無力感の淵にいる時、自分を応援している人の存在を知ることで、諦めとは別の選択肢を選ぶ力を得ることができるかもしれません。もしかしたら怒りではなく無力感を多く味わっているかもしれない区長に、応援のメッセージを送りましょう!

(1)東村長の発言に怒っていること
(2)私もヘリパッド建設には反対だということ。

応援しています。見守っています。
と伝えることがキモだと思うので、文面や表現はフリースタイルで。

高江区長 仲嶺武夫様
905-1201 沖縄県国頭郡東村字高江98
高江区公民館
0980-43-2717(海外からは+81-980-43-2717)

こうした働きかけが、どの程度の実効性をもつかはわかりません。でも、小さくても個々人の信念のある動きが、めぐりめぐって社会を変えていくことを信じたいと思います。抗議の他にも、ブログで意見を書いてみたり、新聞に投稿したり、友達に愚痴ってみたり、色々な方法があると思います。繁栄のためには犠牲も仕方ないよ、必要悪なんだよ、的レトリックは、もうたくさんです。それぞれのできる働きかけで、力を貸して下さい。お願いします。