09/9/16・10:00

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+1977日目」・・

今朝も座り込みは継続されています。シュワブから戦車の音などが響き渡っている模様です。作業船の動きについては未確認です。

それからこのところ学生さんたちも沢山来てくださっています。それぞれの場に持ち帰ってからが大切です。静かで海が綺麗だった。まずその思いが一番大事です。そしてその静けさと海を国はどうしようとしているのかを知り、疑問を持ち、そしてそれぞれの場で情報発信して欲しいと思います。

先日大浦湾がどこにあるか知らない沖縄の青年が、神奈川の若者に場所を説明してもらっているのを聞きました。私たちの努力不足という気もしますが、ちょっとした意識を持つというのも難しい時代なのかなという感じがします。辺野古もこれから立ち上がる政権のネックともいえる場所にされているという意味で知らなければならないと思うのです。黒木メイサの出身地ということだけではなく、ね。