09/11/15・9:00

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2037日目」・・

座り込み継続されています。オバマさんはいつの間に日本から出て行ったのか、というぐらい慌ただしい訪日でした。オバマさんの「日米合意案が基本だ」という発言は、あくまでも基本なので応用編があるともとれます。とりあえずお約束の台詞だったのでしょう。そして鳩山さんは名護市長選、沖縄県知事選の結果も加味するというような発言を曖昧な表現で口にしています。共に民主党が押す新候補を通してからという腹づもりなのか、あるいは最も無責任な意味合いで分析すると、名護市長選や県知事選でなお新基地建設推進派が選ばれるようであればそれを沖縄の民意として理解する、そんな感じでしょうか。後者であれば完全なる責任テンカです。ただ私の予測ですが、S名護市長、N沖縄県知事が再選ということは現時点ではあまり考えられません。自民党県連でさえ県外移設推進にまわったということは、有利な波に乗れということを加味しても、民意が既に大きく動いているということだ、とは思います。もちろん今までの裏切り行為を忘れたわけではありませんので、政府の明確な方針として辺野古白紙撤回が出て来るまでは安心出来ません。「辺野古座り込みのテントがついにたたまれました」という言葉を早くここに書きたいものです。