09/12/4・12:30

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2056日目」・・

今日も座り込み継続されています。生物調査の作業船が出ている模様です。「辺野古白紙撤回も」という文字が一瞬出ましたが、鳩山さんの中には依然辺野古案というものもあるようです。また辺野古ではない別の案もと言ったのは社民党に配慮してのことだというような報道もなされていて、少ない数の社民党など切るのは容易なはずなので、ますます他の案という線が薄らいできます。そもそも日米合意という言葉が大手を振っていますが、自民党ブッシュ合意です。決して日米合意ではありません。そんなものに何で一国の首相が振り回されているのでしようか。政権交代したのならば、普天間の件についてはやり直しということが最低線です。ゲイツが来た時に「普天間の件はやり直すので出直してこい」ぐらいのことを言ってもいいはずです。アメリカの脅しなどは朝鮮民主主義人民共和国のミサイル並みのハッタリです。辺野古白紙撤回、普天間無条件返還、これを言ったところでアメリカに何が出来るでしょうか。鳩山さんはそれを狙っているのでしょうか。今の民主党がアメリカから脅されてどうこうなるということはそもそも考えられないのですが。あえて言いますが、どういうシナリオなのでしょうね。