10/1/22・13:15

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2105日目」・・

今日も座り込み継続中です。生物調査などの作業船が出ているようですが、それを蹴散らすように水陸両用戦車が訓練のために海に出て行っています。強襲揚陸艦が早朝から沖合に来ていましたので、そこに向かうのでしょう。作業員たちはそんな光景を間近で見て、何をどう感じているのでしょうか。そして自分たちの行為は、自分たちを蹴散らしている米軍を後押しするものであるということにいつ気づくのでしょうか。

仲井眞さんは官房長官には「県民は県外を望んでいます」と伝えておきながら、辺野古移設推進派の島袋さんを後押しし、組織票を黙認し、その上「現実的に(辺野古以外に)移設場所はない」と宣う始末です。明らかに県民を売り渡そうとしている、これが県知事とはね・・・。

「琉球新報・1/22」
知事、「場所がない」と疑問呈す 辺野古外の普天間県内移設先