10/1/29・10:15

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2112日目」・・

1/29までの情報です。今日も座り込みは継続中です。民主党の言うゼロベースに辺野古も含まれていること、それどころか伊江島も下地島も含まれていることに納得がいきません。納得がいかないのは「場所」の問題ではないからです。「場所」の話を続ける限り、その計画は「移設」であり、「普天間」という場所にある「基地の閉鎖」にはなりますが、基地そのものを無くすことにはならないからです。どこの県も「移設」の話をされれば「嫌だ」というのが当たり前です。最近では徳之島などという案も出て来たりしているようです。正しいゼロベースであるのならば「ただ普天間基地を撤去し返還する」という案も乗っからなければ嘘です。鳩山さんはせっかく利権に絡まなくても平気なぐらい金持ちなのですから、そのあたり堂々と「普天間はただ閉鎖するだけなのでアメリカの皆さんよろしく」と平然と言ってのけるぐらいの態度見せて欲しいですね。

それから高江の座り込みの人たちを国は訴えるようです。むしろチンピラなのは沖縄防衛局の方で、高江の人たちは自分たちが住む場所の道ばたに座り込んでいるだけなのにです。「自分たちの住む場所にヘリなんか持って来られてたまるか」、これのどこがいけないのでしょうか。北澤さんはこれを進めたら馬鹿丸出しですが、良いんですか?。あっ、でも、それでこその「戦争屋」なのですね。自分の国の住民よりも、戦争優先であると、ああ、なるほど、よくわかりました。

琉球新報の記事を全文リンクします。ここからの転載は不可でお願いします。

「琉球新報・1/29」
防衛省 住民提訴へ 高江仮処分、通行妨害の是非争う
防衛省は28日までに、米軍北部訓練場の一部返還に伴う東村高江へのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設問題で、反対派住民に対する通行妨害禁止の仮処分決定に関し、本訴訟を提起する方針を固めた。29日に正式決定する。同仮処分申請の申し立ては、前自公政権下で起こされた。住民側は政権交代を機に、申し立ての取り下げや本訴提起の断念を新政権に求めていた。今回の国の方針決定は、米軍基地問題をめぐり国が住民を相手に司法の場に訴えること自体への是非のほか、新政権が自公政権時の方針を見直すことなく引き継いだことへの批判の声も予想されそうだ。沖縄防衛局は、ヘリパッド建設に反対する東村高江の住民ら14人を相手に、通行妨害禁止仮処分を那覇地裁に求め、地裁は2009年12月に14人のうち男性2人に通行妨害禁止を命じる決定をした。住民側が地裁決定を不服としたため、地裁は沖縄防衛局に対し本訴訟を提起するよう命令していた。防衛省幹部は提訴の理由について、ヘリパッドの移設により北部訓練場が返還されるとの利点を強調し「これまで仮処分手続きを進めてきたことの筋を通す。粛々と進めていくだけだ」と述べた。