2010/1/6・10:45

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2089日目」・・

今日も座り込み継続中です。正月休みを終えたのか、今朝はかなりの数の作業船が出ています。ソナーの設置かメンテに関わる作業か、いずれにしても環境破壊を進めています。ジュゴンの食み跡が大浦湾の反対側の嘉陽の浜で増えているのは、辺野古での軍事演習やアセス作業によって設置された機器類がまさしくジュゴンを追い払っているということの証拠ではないでしょうか。「ジュゴンなんかいませんでした」「埋め立てても大した影響はありません」「是非是非是非是非、辺野古に基地をください」という報告を出すために、今日も作業に関わる人たちは、 それが「仕事」であると信じて懸命に海に潜っています。哀れです。

年末年始のテント村の様子は辺野古浜通信をご覧ください。