10/2/7・15:00

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2120日目」・・

今日も座り込みは継続中です。沖縄はかなり天候が悪いようで波も高めです。作業船の動きについては不明です。

先週機器設置などの作業がありました。そんな作業も安くない金額で行われているのです。一体政府は何を考えているのでしょうか。岡田さんは地位協定も見直しの項目に入っていると明言していますが、同時に普天間と辺野古を邪険にするような発言も数多くして来ている大臣なので心配は尽きません。沖縄にB52がトラブルとはいえ20年ぶりに飛来していることに関しても大して問題にはしないのでしょう。

それからハイチに自衛隊を派遣しました。こういう功績を讃えて、自衛隊賛美論者達が台頭するのです。しかしはっきり言わせていただきます。彼らが災害救助部隊だったとしたならば、もっと早く動けますし、もっと現地の役に立つはずです。人を助けるための訓練を積んだ災害救助部隊ならば、私たちは胸を張って「いってらっしゃい」と言えるのです。こんな時に例えばJALを使うとか、あるいはJAL機を沢山飛ばして、現地で緊急医療が必要な人たちを運ぶことも出来ます。自衛隊の人員や物資を輸送する飛行機は軍用です。自衛隊員達も現地では「ジャパニーズアーミー」と言われます。治安が悪化しているのならば、世界中から警察官の合同部隊を送れば良いのです。軍隊を送ってますます相手を震え上がらせるということは、憎しみこそ増えることはあっても、決して人道支援の人たちだとは思ってくれません。同じ種類の重機ではあっても、民間の持ち物ならば人が生きるための工事用車両ですが、自衛隊のものならばそれは軍用車両であり、戦争のための陣地作りなどに用いられるものです。自衛隊が行っているということは、非常に残念なのです。彼らは訓練し直せば優秀な災害救助部隊になるはずですから。