10/5/30・10:00

  • 投稿日:
  • by

・・辺野古座り込み「8年(命を守る会座り込み)+2223日目」・・

今日も座り込み継続されています。息をひそめていた作業船がまた動き始めました。雇い主が誰だろうが金さえ貰えればいいということです。辺野古テント村では新体制での取り組みを検討しています。ここ数日慌ただしく、徳之島からの町議が訪問してくださったりもしています。詳細は辺野古浜通信をご覧ください。

社民党は離脱の方針を固めたようですし、アメリカが辺野古新基地の規模拡大を要求していることも明らかになりました。何だか政権交代の嵐が落ち着いたら結局もとの状態が何も変わっていなかったということのようです。私は「裏のシナリオがあるはずだ」何だ勝手なことを言っていますが、辺野古の現場では今目の前にある危機に対応して行かなければなりません。オバマさんは原油流出と核問題を優先させているので、日米関係、特に沖縄の米軍基地のことなど二の次三の次になっているはずです。ヒラリーさんやゲイツさんの態度を見ても、「辺野古の問題なんか日本で勝手にやってくれ」的な雰囲気が見て取れます。アメリカはこうやって時に日本を重要視し、時に突き放し、そしてそのアメリカの犬となっている日本の政治家だけが右往左往しているという図式です。マッカーサーの頃と何ら変わっていないかも知れません。とにかく情報要注意です。